iPhoneの貼っただけ革カバー

iphone-cover

iPhoneにしてから、「せっかくカメラが付いているなら、それなりに撮れるようになっておきたい・・・」などと考えてカメラを持ち歩かなくなったせいか、iPhoneを使って写真を撮ることが多くなった。使い慣れたデジカメのほうが速いし、自分が撮りたいようにするのも簡単なのだが、上手くできないからこそ何とかしたいという変な意地みたいなもがあるのか、カメラを持つのが億劫になったのか自分でもはっきりしない。確かなのは、カメラを持たなくなったこととiPhoneは使ってると持ちにくいということ。ホールド感が希薄・・・「カメラじゃないいだから仕方ない」わけだ。そこで、手持ちの気持よさそうな黒のシュリンク革を背面に貼ってみた。見た目がiPhoneっぽくない別の高級感が不思議だが、使ってみると格段にホールド感がある。貼っただけの単純なものだが革がしっくり馴染む感がなかなか気持ち良いので、気に入っている。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  ちょっとした情報 /  ふと思うこと /  インターネット /  ソフトウェア /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /