HOLGAのこと。

 少々前の話しなのだが、O氏宅に遊びに行ったおりトイカメラのHOLGAで撮った写真を見せていただいた。仕事で頼まれて撮リ始めたそうだがとても面白い画になっている。非常に単純な作りの上いい加減なトイカメラゆえ、撮影する側の思惑通りにするには苦労があるようで、氏のHOLGAには光が入らぬように遮光のために黒いスポンジ状の物がはりつけてあった。話を伺うと、携帯世代のインスタントなものに囲まれていた連中が携帯のカメラからHOLGAに持ち替えて面白がって使っているというのが、また面白い。「雰囲気のある写真が撮れる」のは、カメラの特性による所がおおきいのだけれど、重要なのはコントロールすること・・・。意図的に撮るのと、そうとれてしまうのは違うという事だ。いいかげんであるがゆえの、縛りの中で自分がどう泳ぐことができるかという事だと思う。すっかり、安易なデジカメに毒されているわたしが書くのも変だが、ぜひHOLGAっぽいだけではなくて、写真をたのしんで欲しい。
HOLGAっぽい?

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  ちょっとした情報 /  ふと思うこと /  インターネット /  ソフトウェア /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /