foie grasの缶詰。

foie-gras

友達の神山ますみさんがフランスのバカンスに息子(テオ)を連れて、向こうに行ってきたお土産。Macのことでちょっと世話になったお礼ということで、フォアグラの缶詰(鴨)やドライトマトとハーブをいただいた。フォアグラの缶詰など初めてだ・・・どんなふうに食べたものか?鴨のフォアグラは軽くソテーするのが良いらしいので、エリンギをドライトマトを漬け込んでいたオリーブオイルで炒めたものと、細かく刻んだ甘みのあるドライトマトをフォアグラをソテーしたときに出た油で軽く火を入れて塩・胡椒。ソテーしたエリンギにフォアグラのせてその上にトッピング・・・旨いだろうか?などど想像している。
テオの話がおもしろい! 今度パパ(フランス人のカメラマン・映像作家)の住むカンボジアに、一人で行かせるつもりなのだそうだ。向こうでは、いろんな手伝い(アンコールワットの近くにゲストハウス作ってる途中・開墾中?だとか・・・)をさせたりアンコールワットを気球から撮影するのに同行させるとか・・・なんともワクワクする話。ちなみにテオは、まだ11歳の小学生。夢中になれることに関しては非常に得意。ムービーの編集は今では母親より速いし上手いのだそうだ。日本の教育だとはみ出ちゃいそう・・・。早々に食べられる道見つけて、独り立ちしてしまいそうだけれど・・・。日本人の遺伝子だけじゃ、残念ながらこうはならなかったかも。いいとこ取り?想像するだに大変だと思うけど・・・。とても楽しみだ。周りにいる子供たちは、素敵な?おもしろい大人予備軍が思いの外いるではないか。きっと未来は捨てたもんじゃないよ。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  ちょっとした情報 /  ふと思うこと /  インターネット /  ソフトウェア /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /