Appleの失敗作・・・Apple TVを覚えてますか?

こちらの記事、なるほどと思わせられる。iPadの出現で出版業界が大きな変化をせざるおえなくなったのは、ほんの最近のことだが、「Appleの失敗作」と呼ばれた誰も記憶していない?製品に「Apple TV」というものがあった。もし「Apple TV」が「iPhone」や「iPad」のOSと同じ「iOS」のプラットフォームとして安い値段で復活するとしたなら、すでにあるApp Storeのコンテンツがすべて使える状態からスタートが出来る。これはものすごいことかも知れない。A4チップになってちょっとしたムービーの編集ができるようになり、音楽が聞けてムービーが見られる、ゲームが出来る・・・インターネットに接続できてApp次第でソコソコ様々なことができてしまう。このソコソコというのは重要で、一般的なユーザーはそれで充分であることが多い。あまり好きな言い方ではないけれど「簡単にソコソコのものができあがる」これば、非常に重要なことで「一般化」するには重要なファクターだと考えている。また、パソコンで使うモニターの大型化もあって、YouTubeも画質が上がりテレビに表示してもそれなりに見えるだろう・・・となればテレビを介しての娯楽というもの自体にケーブルテレビが入ってきたのと同じかそれ以上のインパクトがあるかも知れない。コントローラーとして「iPhone」や「iPad」・「iPod touch」などが使えるだろうと考えられるし、連携も当然できるだろう。家電ハブとして機能する「iOS」という方向性はあるかもしれない。実際に起こるかどうかは置いておいて、着目すべき点だろうと思う。
ここで「ソコソコ」という言葉を使っていいるけれど、反面それだけの機能でも映像などは才能次第で良いものが作れてしまうものだ。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  ちょっとした情報 /  ふと思うこと /  インターネット /  ソフトウェア /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /