必然と変化とバランスと

ありがたいね。ちっちゃな庭でもけっこう役立つ。

庭先でちょいと材料がつまんでこられる・・・適当にばらまいた種からすくすくと育っている。
ルッコラは、この時期としては暖かいせいか成長が早め。間引くついでに、サンドイッチに挟んだりするにはちょうどいい。
じつは無計画すぎて、わさわさと育ったイタリアンパセリの陰でひょろっとしたタイムやチャイブの絶滅もあったのだ。結局どういったものをどのタイミングで種を蒔くべきなのか?どの辺りに蒔くのが一番よいのかということが、徐々に判ってくる。そうすると、庭の様子は自ずと定まってくるのだろうと思う。借り物の狭い庭で自然農法などするつもりはない。ただ限られたスペースの中で、収まるべきところというのがあるのだろうと思うものの、特に人が勝手に導入したものは強すぎる 種があってバランスが始めから偏っているのだから、調整してやる必要もあって野放しにしてしまうわけにはいかない。
何年も住んでいれば庭の状態も変わってくる、常に変化し続ける中でのバランスを見いだすことこそが重要だろう。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  ちょっとした情報 /  ふと思うこと /  インターネット /  ソフトウェア /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /