食べ過ぎのお話。

kama

先日、ビショップさんに先導されて築地市場に・・・翌日お休みということもあって、11持を過ぎると格段に安い値段で残ってしまったものが売りに出される。買ってきたものはマグロのカマに国産のザーサイ、それと削り節。今回の「ビショップさんと行く。築地ツアー」では、大トロをお得な値段で買った人もいたりと皆さん満足気・・・。さて、帰宅後香草のミュールに漬け込んでおいたマグロを、本日の夕食にオーブントースターでじっくり時間をかけて焼くことになったわけだが・・・改めて見ると「でかい」見た瞬間にちょっと怯む。焼きあがったところを、「うまいなぁ」などと食べ始めたはいいのだが一面を食べ終わり、傾けると別の焼き面が現れる・・・20代のころならまだしも、こってりとした油にやられてしまった。炒飯の具にでもするつもりで残したものの「腹が苦しい・・・」
やはりこういったものは、4人位で日本酒でも飲みながらつつくのがよかろう。「お腹いっぱいで苦しいと、夢見が悪かったりするからいやだなぁ。」などとと思いつつ、この文章を書いている。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  ちょっとした情報 /  ふと思うこと /  インターネット /  ソフトウェア /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /