土の中で過ぎた時間

むかご・・・山芋 土をつくるのに、レンガでかこった一隅がある。そこに一昨年半端に残ったむかごを放り込んでおいた。そのむかごに通りすぎた時間がここにある。何千回もミミズが通り過ぎ。周りの枯れた葉や茎は柔らかな土になり、むかごは小さいながら鬚根の生えた山芋の姿になっていた。かれらは髭面のくせに初々しい。

 少しふてぶてしい面構えになるまで、土の中に潜んでいてもらおう。

どのように世の中の時間がはやく流れようと、変わらぬ土の中で。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  ちょっとした情報 /  ふと思うこと /  インターネット /  ソフトウェア /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /