便利な道具たち

便利な道具たち普段からMacintoshを使っていていて便利で役に立つ道具があります。よく使っているものをフリーウェアの中からピックアップしてみました。
Firefox」・・・いわずとしれたブラウザーですね。Google ToolbarFire FTP(FirefoxをFTPクライアントにできるので、ちょっとしたファイルのやり取りに便利)やGoogle Browser Sync(Firefoxのブックマークなどのマシン間での同期)やらUser Agent Switcher(IEじゃないと入れないサイトにもUser Agentを切り替えて入れます)などアドオンの追加でより便利。画像のiccプロファイルに対応していないのが非常に残念。
ProcessWizard」・・・アプリケーションに対する処理のウェイトを変更して、より快適に使用するためのもの。
SheepShaver」・・・Intel MacでどうしてもOS9の環境が欲しいときに、Mac Proだったら動作速度も充分実用的でしょう。うちではMac OS 9.0.4を運用中。
Carbon Copy Cloner」・・・コピーする必要のないファイルはフォルダにまとめておけばコピーしないで済むので、動作中のシステムのコピーするのに使える。ちゃんと起動できるシステムになるので便利です。日本語から英語環境に変更しないと動作しないのが難点。
X-Assist」・・・OS9のようにメニューバーにアプリケーションを表示・切り替え。
VirtueDesktops」・・・名前の通り仮想デスクトップを切り替えながら、使用できて非常に便利。
「OnyX」・・・システムのメンテナンスや表示の隠し機能(表示アニメーションの停止やダブルスクロールなどなど)
Exif Untrasher」・・・比較的高い確率でデジカメの消去したデーターを復旧することが出来て、へたな有料のソフトより優秀。
PopfileMgr」・・・スパムフィルターのPopfileとそのマネージメントをするためのパッケージ。Popfileを鍛えると有効なスパムフィルターになります。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  ちょっとした情報 /  ふと思うこと /  インターネット /  ソフトウェア /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /