サクラ さくら

サクラ さくら 少々前の話になるが、昭和記念公園に花ををみにでかけてきた。
・・・チューリップやポピー、菜の花が咲いていたのだけれど、なぜかそれらの花は騒がしく、ただ目に情報として入ってくるだけで心にとどまらない。

 離れた場所に残った散り際のさくらが、寡黙にはらはらと花びらを地面に落としている。

 心に残るというのは、感情に動きがあってはじめて胸のなかにレコードのミゾを刻むのだろう。

 夕方にさしかかったころ、よさげなベンチが目に入った。きいろくねっとりとした空気の中に、花びらが踊っている。ちょうど、油の膜を通したような風景。膜一枚ぶん現実とずれた場所に存在している。しばらく座っていたのだが、もしこのまま座り続けていたのなら、この場所から帰れないような気がしてその場を離れた。

春の16時

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  ちょっとした情報 /  ふと思うこと /  インターネット /  ソフトウェア /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /