あの箱はボクのものだったのかもしれない。

懐かしきもの 懐かしい場所を、バイクで歩くような速さで走る。以前見かけたような、風景が目に入ってくる。誰でも持った事があるのではないだろうか。木に梯をかけて作った「秘密の場所」を・・・。どんな子の場所だったのだろう。忘れ去れれて朽ちかけた梯はだれも上らなくなって久しい。その子はもう大人になってしまったのだろうか。木の上に置き去りにされた箱には、どんな宝物がしまってあったのだろう。ただ、ボクの目には梯を上る姿。木の枝の間に座って夕日を見ている自分の姿が見えていた。

関連記事もおすすめです。

各カテゴリーへのリンクです。

Facebook /  iPad /  iPhone /  MacBook /  Macintosh /  NHKカルチャー教室 /  PC周辺機器 /  ちょっとした情報 /  ふと思うこと /  インターネット /  ソフトウェア /  テクノロジー /  ネットショップ /  バッグ /  制作物販売 /  原発事故 /  地震 /  散歩の拾い物 /  日常のこと /  環境 /  製作日誌 /  運用日誌 /  食のこと /